教育資金を借りる方法

高校や大学などの入学資金、海外留学などの資金など、学業について様々なお金がかかります。
もちろん、学生の時分ではそんなお金を持っているはずもなく、多くの方は親からおかねを支出してもらい対応しているはずです。

ただし、親からもお金がもらえない場合、どこかで教育資金を工面してくる必要があります。
日本では、奨学金や教育ローンという形で対応することが可能です。

例えば、日本政策金融公庫では、最高350万円までローンとしてお金を借りることができます。
固定金利となっており、借りる額と払う額は上がるのですが、それでも何の担保もない学生にお金を貸してくれる懐の広い対応です。
参考:教育一般貸付 (国の教育ローン)

申し込みは非常に簡単で、インターネットで申し込みすることが可能です。
もし、申し込みをしてお金を借りる場合は、親の年収などが非常に重要になてきて、返済が確り出来るかどうかの審査があります。

その審査に合格すると見事お金を借りることができるのです。
また奨学金として、労働金庫が実施する教育ローンもあります。

大学特別増額貸与奨学金を予約した学生が対象となっており、入学前に50万円ほど資金を借りることが可能です。
返済は一括返済となっているので注意が必要です。