クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードといえば、買い物をする時に使うのが普通で、カードを持っている人が作成する時は、もし現金が足りなかった場合や大きな金額の買い物をする時の為に、と思ってとりあえず1枚は持っておこうという気持ちで作って所持している人が多数でしょう。
しかし、もし急な出費でお金が必要になった時にもクレジットカードは頼りになります。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠をいう設定がされていて、例を挙げると、ショッピング枠30万円、キャッシング枠20万円というような利用限度額の設定がされています。

どのクレジットカードにも両方の枠が自動でついているのか?と疑問が出てくるでしょうが、カードによっては自動で両方の枠がついてくる事もありますが、カードの作成時の申し込み書に、キャッシング枠をつけるかどうかチェックする欄があり、チェックしてつけるという方法もあります。

もし、キャッシング枠がついていなくても後程、申し込みができるのでキャッシング枠をつける事ができます。
クレジットカードでお金を借りる方法は、銀行やコンビニなどのATMで簡単にできます。

注意したいのは、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が20万円で、全額の20万円のキャッシングを利用したとすれば、ショッピングで利用できる金額は、10万円になります。

つまり、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているという事ですので、もし、ショッピングで30万円使っていれば、キャッシング枠は0円なので利用できません。

急にお金が必要になった時は、キャッシング枠がついているクレジットカードを持っているとすぐにATMでお金を調達できるので、とても頼りになり便利です。

■参考になったサイト
クレジットカードのキャッシング枠(限度額)について