銀行や消費者金融からお金を借りることが誰にもバレたくないという方に向けて、誰にもバレずにお金を借りる方法を紹介します。

正社員が会社にバレずにお金を借りる方法

基本的にははスマホからの申込みをすることによって、バレることはないと思います。
ただ、注意してほしいのが、カードローンの申込みをするときに家に郵送物が送られてきたり、在籍確認の電話をかけてくる会社があります。

そのため、郵送物なし!、電話連絡なし!の条件が揃った会社のカードローンを選ぶようにしましょう。

ちなみに在籍確認とは、カードローンを利用する際に行われる審査の1つで、申込みをした時に申告した会社で本当に働いているのかというのを確認するために、
勤務している会社に「○○様はいらっしゃいますでしょうか」というよう電話をかけて確認します。

電話を掛ける際にローン会社が企業名を告げることはありませんが、ちょっと勘のいい人なら気づかれてしまいます。

このことからも、会社に絶対にバレずにお金を借りるには「在籍確認なし」のカードローンを利用するようにしましょう。

アルバイトでもお金を借りることは可能?

どのような立場であろうが、急にお金が必要なときはあります。ただ、気になるのはアルバイトはお金を借りることができるのか?ということだと思います。
結論から言ってしまうと、アルバイトでもお金を借りる方法は・・・あります!

ただ、アルバイトがお金を借りるにはいくつかのポイントがあります。正社員に比べると借りる条件はどうしても変わってしまいます。
アルバイトがお金を借りる条件を見てみましょう。

まず、銀行や消費者金融はアルバイトだからといって審査を落とすことはありません。
ここでの一番大事なポイントは、「安定した収入があるかどうか」です。

安定した収入とは「毎月1回給与が振り込まれているか」状態のことを言います。
つまり、毎月1回給与が振り込まれているのであれば、アルバイトがお金を借りる条件をクリアしていることになります。

では、アルバイトの場合は、銀行と消費者金融ではどちらのほうがお金を借りやすいのでしょうか?
銀行は金利が安いなど良い条件がありますが、その分審査が厳しくなってしまいます。
どちらかと言えば、大手の銀行よりも地方銀行や信用金庫のほうが借りやすいようです。

消費者金融のほうが銀行よりも借りやすいとされています。審査にかかる時間が短いことなどの利点があります。
なので、急いでお金を借りたい場合は、銀行よりも消費者金融のほうを選ぶと良いでしょう。

カードローンでお金を借りるときは金利もチェック

もう1つ大事なのは「金利」です。
バレずにお金を借りたからといって、金利が高くてもいいとは言えません。

プロミスの場合、30日間無利息サービスというのがあります。

お金を借りても30日以内に返済することが可能なのであれば金利を払わなくていいということです。
そして、WEB完結の場合に必要な物があります。

①本人確認書類(運転免許証)
②収入証明書(厳選徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与証明書)
③勤務先確認書類として、直近1ヶ月分の給与証明書と健康保険証